日本の食材

食品・食材

JPFがこれから輸出を行う予定の食材、食品をご紹介します。

野菜・果物

「南濃みかん」「富有柿」「飛騨りんご」こいくれない
岐阜の南濃みかんは海津市南濃町で栽培されているため「南濃みかん」の名で親しまれています。12月いっぱいに収穫されたミカンは農家の貯蔵庫や、集落が共同で建てた貯蔵施設で貯蔵されます。収穫されたミカンは一つ一つ丁寧に貯蔵庫の木箱へ移され熟成させます。貯蔵することで酸味が和らぎ、甘みと酸味のバランスがよいミカンに仕上がります。

富有柿は御所系の完全甘柿で、果実は丸に近い四角で、果皮はすべすべしていて光沢があります。産地により微妙に色や形が違に違いがあり、福岡県産は赤が濃く腰高の傾向があり、岐阜県産などはややオレンジが強くて比較的平たいようです。いずれにしても果肉は繊密でとろけるような柔らかさが有り、甘みがあり果汁が覆いのが特徴の柿です。

飛騨りんごは、高原の地形、気候など恵まれた環境の中で育ちます。昼夜の寒暖差を利用して、りんごの栽培にはもっとも適した環境で大変に糖度が高く 甘みが強いのが特徴です。
この飛騨りんごを使った生ジュースもとてもおいしく好評です。

こいくれないは、紅色が特長の甘みの強いニンジンです。カロテンおよび、一般のニンジンにはほぼ入っていないリコピンを豊富に含みます。トマトの2倍以上も多く含まれていることから「リコピン人参」とも呼ばれます。

生鮮品(肉・魚)

「飛騨牛」「鮎」「松阪牛」

飛騨牛は、きめ細やかで、とても柔らかく、とろけるような霜降りが特徴で、口の中にお肉をほうばると豊潤な香りと味わいが楽しめます。色はきれいなピンク色で色鮮やかです。飛騨牛は、筋肉繊維が細いため、ステーキやシチューなどが適しているとも言われています。

日本でも随一といわれる長良川の鮎。鮎は春、稚魚になると川底の石の苔を食べて成長します。鮎料理の醍醐味である、上品でほろ苦い芳醇な内臓は、鮎が食べる苔で風味が変わるといわれ、苔の豊かさ、つまり苔を育む長良川の生態系の豊かさこそが、美味しい鮎の源なのです。

松阪牛は、きめの細かいサシ(霜降り)と柔らかな肉質が特徴で、深みのある甘く上品な香りのお肉です。一般的な和牛より不飽和脂肪酸を豊富に含むため、脂肪の溶け出す融点が低く、舌触りが良く滑らかな口当たりです。

自然の味・加工品

「紀州南高梅」の梅干し岐阜の「久田見揚げ」

紀州南高梅の中でも選び抜かれた梅を使用し、厳選された梅を天然塩で漬け込んでおります。ほかの梅干しに比べまろやかで上品な仕上がりをしており、塩分は比較的抑えめです。

木綿豆腐を形が崩れないように切り、カリカリに揚がるようしっかりと油に沈めてあげてます。そしてもう一度揚げ「二度揚げ」することで更に旨味を出しているのが特徴です。